「インデックス投資」と「高配当株投資」どちらがいいのか、手数料、リターン、税金などなど比較してみた

お金のこと

こんにちはRitsukiです。

今回は悩ましいテーマ、「インデックス投資と高配当株投資どちらをやるべきか?」というテーマについて書いていきたいと思います。

結論から言ってしまえば、この2つの投資スタイルはそれぞれメリット/デメリットがあるので、どちらがいいのかというのはその人自身に依存すると考えています。

インデックス投資のメリット/デメリット

「インデックス投資」とは主要な経済指標と連動するように運用される「インデックスファンド」に投資をするスタイルです。日本で言えば「日経平均株価」や「TOPIX」などが有名です。

「インデックスファンド」では多くの会社に分散された株式に投資することになるので個別株投資にくらべ「ローリスク/ローリターン」です。一時的な利益率で言えば年率3.4%の利率程度であり一儲けというわけにはいきませんが、長期的に見れば「インデックス投資」による成果は個別株投資などの積極投資に比べ最終的な利率は大きいということがわかっています。

このインデックス投資について改めてメリット/デメリットをまとめていきたいとおもいます。

インデックス投資のメリット

・取引手数料が安い
・長期的に見ればリターンが大きい合理的な投資手法
・つみたてNISA口座を利用すれば非課税

つみたてNISAという制度を利用すれば、通常取引で得た利益に対してかかるはずの税金が非課税になります。

インデックス投資のデメリット

「将来」は豊かになるかもしれないが、「今」の生活が変わるわけではない。

これが唯一にして最大のデメリットではないでしょうか?

確かにインデックス投資による長期つみたてはリターンが資産の最大化に一番向いているかもしれませんが、毎日コツコツつみたてても日々の生活に変化があるわけではありません。インデックス投資は長期的なつみたてを前提としているので、資産が順調に増えていても最大限に生かすためには途中で切り崩してつかうことは好ましくないからです。

本当の意味で「豊かさ」を感じることができるのは長期つみたてを終えたあとです。

 

それに対し、「高配当株投資」では投資した分、配当金という形で毎月お金が入ってくることになりますので、「今」を豊かにするという意味で言えば理にかなっていると言えます。詳しくは次項で書いていきます。

高配当株投資のメリット/デメリット

「インデックス投資」が資産の最大化を目的とした投資とすれば、「高配当株投資」はいわゆる「キャッシュフロー拡大」を目的とした投資です。

高配当株投資のメリット

日々の生活が豊かになっていることが実感できる。

「高配当株投資」をしている最中は、配当金という安定した収入が入ってくるので日々の生活がよくなっていることが実感できます。先ほど述べたように「インデックス投資」では資産の効率的な拡大はできても日々入ってくる収入が増えるわけではありません。

 

高配当株投資のデメリット

・税金がかかるため利率が低い。
・分散されていない個別株の場合はリスクが大きい。

こちらは「インデックス投資」と比較したデメリットになります。

繰り返しになりますが「インデックス投資」は理論的にも現実的にももっとも合理的な投資手法です。長期的に見れば、リスクもリターンも「高配当株投資」より「インデックス投資」のほうが優っていると言えます。

 

まとめ:結局どっちがいいのか??→その人次第

今回は比較的始めやすいであろう「インデックス投資」と「高配当株投資」という2種類の投資手法についてメリット/デメリットをあげてみました。

まとめると

リスク:インデックス投資 > 高配当株投資
リターン : インデックス投資 > 高配当株投資
キャッシュフローの拡大 :  高配当株投資>>インデックス投資

ということになると思います。

果たしてどちらがいいのかということは言えません。その人の考え方次第です。

僕はつみたてNISAで「インデックス投資」を行っています。しかしながらつみたてNISAの投資枠には制限がありますので、この枠を最大限使いつつ残りの余剰金で「高配当株投資」を行うことを考えています。

それは先ほど述べたように、「今」の生活が豊かになっていることが実感しづらいためです。「高配当株投資」により月数万ずつの配当金という”不労所得”を得られるようになればかなり生活が豊かになったことが感じられるでしょう。

とはいっても今はまだそれほどの収入があるわけではないので完全な妄想になります笑。これからも最大限つみたてNISA枠を使いつつ、「今できること」「社会人になってからの戦略」を考えていきたいと思います。

それでは!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました