【使用サーバによっては使えない!?】EWWW Image Optimizerが使えない場合の対処法

サイト運営

こんにちはRitsukiです。

今回はサイトの工事をしてて、ネタになりそうなことがあったので書きたいと思います。

「Exif」って知ってる?

サイト運営をしている皆さんは画像の「Exif」をご存じでしょうか?

例えば、サイトに写真をアップした時、「横向きに設定したのになぜか縦になってしまう…」という症状に悩まされたことはないでしょうか?

これはこの「Exif」によるものです。

Exif : Exchangeable image file format

Exifとは、デジタルカメラで撮影した画像データに、撮影条件に関する情報(メタデータ)を追加して保存できる、画像ファイル形式の規格のことである。

Exifでは、撮影した画像データと併せて、撮影した日時やデジタルカメラの機種、絞り値、画素数、ISO感度、色空間、といった情報をまとめて記録することができる。本体の画像データの他に、サムネイル画像のデータも記録しておくことができる。これらの付加情報によって、データの管理や、機器同士の正しいデータ交換、最適な設定での出力などが実現されている。

引用元:weblio辞書

「Exif」とは画像データの中のカメラの設定や撮影日時などが記録されたデータのことです。

あとで振り返ったりするときには大変便利なものですが、設定によっては写真データにGPS情報も含まれることになるため、取り扱いによっては個人情報をばら撒いていることになりかねません。もし自宅で撮影した画像をそのままアップしていたら、住所がバレます。

例えにあげた「縦になってしまう」という症状は写真の「Exif」に「縦向きで撮った」という撮影時情報が含まれているために起こる現象です。

 

ちなみにMacで確認する場合は画像を「プレビュー」で開き「ツール>インスペクタを表示>詳細情報」で見ることができます。

 

スマホの適当な画像をみてみましょう。

げげ!がっつりGPS情報残ってるじゃん!

今のスマホは便利なもので、写真に位置情報まで乗っられますが、取り扱いには注意です….。

普段の使用では問題ありませんが、ブログやサイトで画像を投稿するときはこの「Exif」を削除してやる必要があります。このデータを削除することで、画像を横にしても縦になってしまう現象や個人情報の流出が防げるだけでなく、画像のサイズも圧縮できるので、ブログの表示速度も向上させることができます。

wordpressのプラグインにはこれらのExif削除を含めた、画像の圧縮を自動的にやってくれる便利なプラグインがいくつかあります。

「EWWW Image Optimizer」をインストール!ところが…

おそらく一番評判がよく、有名なのは「EWWW Image Optimizer」でしょう。こちらのプラグインは新しい画像をアップすると自動で圧縮するだけでなく、すでにアップした画像も一括圧縮してくれます。

早速、インストール!

と思いきや、こんなエラーメッセージがでてきました。

いろいろ調べたのですが、どうやら使用しているサーバーによってはこの「EWWW Image Optimizer」が使えないようなのです。(同じような症状になっている方も何人かいらっしゃり、あーだこーだして使えるようにしている方もいるようです)

僕が使用しているサーバは「wpX」というサーバなのですが、このサーバーを使用している方で同じ症状の方もいらっしゃったので、おそらく「wpX」のサーバではこの「EWWW Image Optimizer」は使えないみたいです。

(↓こちらに別の記事も引用させていただきます…)

他のサーバーでも相性の良し悪しがあるようなので、使えない時は素直に別のプラグインを利用するのが賢明なようです。

行き着いたのは「Kraken Image Optimizer」

他にもいくつかプラグインがあるのですが、更新が随分前だったり、容量制限があったり…。

最終的に行き着いたのが「Kraken Image Optimizer」というプラグインです。

早速インストールし有効化します。

こちらのプラグインはメールアドレスを登録し、APIキーを取得します。このAPIキーをwordpressの画面で入力すれば有効化します。

するとどうでしょう?

ちゃんと機能しました!試しに先ほどと同じ画像をこのサイトにアップした後、ダウンロードし、確認します。

「Exif」がちゃんと消えていました!よかったよかった…

 

まとめ:サーバーとプラグインの相性によっては使えないこともある

今回は画像を投稿する上でかかせない「Exif」の削除と「圧縮」についてと、それを実行できる「Kraken Image Optimizer」というプラグインの紹介でした。

特に「wpX」のサーバを利用している方には有益な情報だと思います。このようにサーバによってプラグインに不具合が起きることは少なからずあるようなので、そのときは別の手法を探すか、同じ症状で悩んでいる人を探すのがいいと思います!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました