【東北縦断ツーリング】雨と風と汗と涙の山岳編 【1〜3日目】

ツーリング
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏に東北縦断ツーリングに行ってきたので、記憶を呼び起こしながら書いていきたいと思います。

まずコース全体像。福島県白河市から青森の弘前市を目指します。

実際は大雨に降られたりで少しコースを変えました。

1日目:宮城県白石市〜蔵王町

この日は蔵王キツネ村に向かいます。

蔵王キツネ村といえば、100匹以上のキツネが放し飼いされている国内唯一の動物園です。

なんなんだこの可愛い生き物は…

この日はキツネ村で時間を潰し、宿に向かう予定でした。

 

ところが次の日は大雨予報…

今回の旅のハイライトである蔵王山

諦めきれない僕たちは急遽1日目に登ることにしました。

対戦よろしくお願いします。

せっせと登ること20km…

つきました…。まじキツかった…。

勢いで登りにいったんですが、それなりの”覚悟”を持っていかないと痛い目にあいます(あいました)

この日はちょうど東北地方の特に日本海側は大荒れの天気で、道中は常に向かい風が吹いていたこともあり、めちゃめちゃ寒かった…。

蔵王山には御釜というスポットがあるのですが、この日は悪天候で見れませんでした。

こんなかんじで見えるはずだったんですが、とても残念。またリベンジしたい。

 

修行僧のような1日でした。

この日はいままできた道を折り返し、蔵王の宿に向かいます。

 

2日目:宮城県蔵王町〜山形県尾花沢市銀山温泉

本当は1日目の蔵王山を超えて、山形県を縦断しつつ銀山温泉い向かうルートでしたが、どうやら日本海側は大荒れの模様。

この日は仙台に行き、名物の牛タンを食べてから、輪行を駆使して銀山温泉の近くまで行くことにしました。

仙台で食べた牛タン。幸せの味。

そのあとは輪行を駆使して最寄りの駅まで到着。

再び雨と汗でわけわからんことになりながらペダルを踏みます。

銀山温泉!!!!

千と千尋の神隠しのモデルになったことはあまりにも有名。

山奥の奥にあるこの温泉街はとても幻想的でした。

雨で濡れた地面や石畳がいい味を出してくれています。

宿につくと爆睡。明日あたりからは晴れてくれ。

 

3日目: 山形県尾花沢市 銀山温泉〜岩手県一関市

朝起きて外を見る。

雨は…降っていない。よかった…

この日は下り区長の移動日です。一関にある「厳美渓」を目指します。

100km以上はあったけど、足には全然こない。昨日までが過酷すぎたみたい。

ということでつきました厳美渓。

空飛ぶ団子が名物なのでこれを楽しみにきましたが…

オーーーイ!!!

本当は対岸の団子屋からかっこうに乗って団子がくるはずなんですが、完売でした。

仕方ないので普通にお店で購入。

うんまい。満足。

 

4日目以降は次記事へ…。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました