【東北縦断ツーリング】北へ北へ進む。【4〜7日目】

ツーリング
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4日目:岩手県一関市〜岩手県盛岡市

この日になると天気は完全に回復。ツーリングはこうでなくちゃね。

最初に中尊寺にいきます。

金色堂を見て徳を高めます。中国人の観光客が多かったです。

 

そのあとは岩手県をひたすら北上。

平坦メインで120kmくらい?

今まで雨とか風とかで寒い思いをしていたから忘れてたけど、夏の暑さがじわじわと身体にきます。

花巻市でお昼食べた以外はほぼノンストップで盛岡に向かいました。

日が和らいでくるころ、盛岡に到着。

 

5日目:岩手県盛岡市〜秋田県鹿角市

最後の蔵王山に続く、もう二つ目の難所。

「八幡平アスピーテライン」に挑戦。

嵐も過ぎ去り、完全に夏の暑さになった東北。

登る前にご当地ガリガリ君補給。箱買いしたい美味しさでした。

頂上の見返り峠までは麓から20kmくらいの1000mUP

野生のキツネと遭遇。元気でな。

づいだ…

“覚悟”をもって自分のペースを守ればそこまできつくはなかった?気がします。

よく考えればここは標高1600m以上で寒い。1日の寒暖差が激しすぎて体調崩しそうです。

 

ここが「八幡平アスピーテライン」のハイライトとも言える場所。

この山の尾根にそって続く道とその向こうに見える夏の雲の美しさ。

サイクリストを駆り立てる理由がわかった気がします。

この見返り峠は岩手県の秋田県の県境でもあります。

無事秋田にはいった僕たちは、見返峠を下山、宿に向かいました。

 

6日目:秋田県鹿角市〜青森県弘前市

鹿角市からすこし進んでちょっとした峠を越えると旅の最後の目的地、青森県に入ります。

ばいばい秋田。またくるよ。

 

青森といえばりんご。

弘前市につくと真っ先にりんごを求め、「りんご公園」なる場所に向かいました。

どうやらシーズンには広大なりんご園でりんご狩りが楽しめるそう。

りんご関係のお土産やお酒など様々売っていました。

りんごの形のカゴがかわいらしい自転車。

 

りんご山盛りのカゴをもつ少女の像も。

よく見たらめちゃめちゃしんどそうな顔。

そら重いよ….

というわけで無事弘前に到着。

宿泊した石場旅館。とてもおしゃれないい旅館でした。

文化財にもなっているそう。

明日は青森県青森市を目指し、新幹線で帰ります。

 

7日目:青森県弘前市〜青森県青森市

初青森。

三内丸山遺跡は押さえておきたい場所でした。

 

いままで知らなかったけど、三内丸山遺跡の建物は復元したというよりは、仮説をもとに作った想像上の建物らしい。まだわかってないことも多いみたい。

 

ついに青森市中心街に到着。

そしてここは国道オタクの聖地。日本の数少ない一桁国道の分岐点。

思えば今回の旅はほぼ国道4号に沿った道を来たので、端を拝めたのは感動。

最後は青森市街を一望。何日被りの海。

天気がいいこともあり、なんと北海道が見える。随分北に来たんだなぁと改めてしみじみ。

アップルシードルをお土産に購入し帰路につきます。

帰りは新青森から新幹線に乗ります。

初めてのはやぶさ。

高いけど早えええええ。

1週間かけてきた道のりが一瞬だった…

 

今回は宮城〜山形〜宮城〜岩手〜秋田〜青森と東北ほぼ全制覇しました。

ありがとう東北、蔵王はリベンジするからな

 

おしまい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました