第10回 美ら島センチュリーランに参加してきました

ツーリング
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1/20に開催された第10回沖縄センチュリーランに参加してきました。

 

ラン自体は1/20の早朝からなので、今回は1/18に前入りし1/19をスタート地点の恩納村への移動日としました。

沖縄を走るのは初めてなのでワクワク。

 

1/18 →那覇

飛行機でひとっ飛び、到着。

飛行機から出てびっくり、めちゃめちゃ暖かい…。

那覇空港で自転車さっさと組立てて、宿に向かいます。

陽気なお兄さんに迎えられました。内装もとてもオシャレできれい…。

ゆいレール県庁駅すぐ近くなので、国際通りも目の前。

荷物をおいて沖縄の夜を歩きます。

道沿いに生えたヤシの木や、独特の騒がしさが沖縄に来たことを実感させてくれます。

写真に写ってるお兄さん、1月なのに半袖半ズボン

適当に夕ご飯を済ませ、明日に備え就寝zzz

1/19 那覇→恩納村

起床….。知らない、天井だ…

布団の薄さと1月とは思えない暖かさで沖縄にきていることを再確認。

朝食は宿でいただきました。感動的に美味しかったのでまた来ます!

そして荷物を詰めて出発。

まずは首里城に向かいます。

首里城って外見は日本の城郭と全然違いますが、内装は意外と和風なんですね〜。

こういう城郭も含め沖縄の建物はいつも見慣れたものとは違うなぁと思います。(表現力がないので説明できない)

 

続いて社会学習も兼ねて普天間基地を見るため、嘉数高台公園に向かいます。

この場所は沖縄戦の激戦地でもあり、トーチカが残されています。

地球をかたどった展望台。平和を象徴しているらしい。

この上から街を一望できます。

ちょっとみづらいですが、奥に見えるのが普天間基地。

オスプレイが止まっているのがみえます。

聞いていたとおり、本当に街のど真ん中にあるんですねぇ。誘導灯なんか普通の住宅街の中にあってちょっとビックリ。

考えさせられるスポットでした。

近くのごはん屋さんで沖縄そば。

そばはもちろん、ジューシー(炊き込みごはん的なやつ)が美味しくてドはまりしました。

 

そのあと58号に沿ってひたすら北上

途中のビーチでパシャリ。

沖縄といえば海、海といえば青

“これ”になりたい…

お幸せに〜

 

次は座喜味城跡によってみます。

こうパッと道を外れて行けるところが自転車のいいところです。

この時間になると曇り模様の天気も回復しました。

座喜味城跡は本当に城の土台部分しか残っていないのですが、景色もよくきれいに整備されているおり楽しめました。(なにより人がいない)

ドラマチックな夕焼け

日暮れ頃に宿に到着。遊びすぎて60kmしか進んでいませんでした。

明日は朝早いのですぐ寝ましたzzz

 

1/20 美ら島沖縄センチュリーラン当日

まだ暗い中会場の恩納村の施設まで移動。

そしてしゅっぱつ!!!

30km間隔くらいでエイドが設置されており、沖縄のものをいろいろいただくことができます。

公式サイトより引用。

 

このおばあちゃん本物にしか見えない。

個人的に一番美味しかったのがこのタンカン。

4コぐらいもらっちゃいました。

 

初めは

「ゆるふわっしょ、いっぱい写真とろ〜。」

そう思っていました。

しかしこのラン、意外と足切りの時間が厳しく、指定時間以内にエイドを通過しないと回収されてしまうのです。

AACRのときもエイドで遊び過ぎてほぼ最後尾まで落ちたので、その反省を活かしたつもりがいつの間にかまたギリギリに….。

土砂降りに降られ、パンクもし、今思えば散々な目にあいました。

おかげで写真は全然とれてないです、ごめんなさい。Goproで撮ったのであとでいつかまとめて上げたいと思います。

調べたらセンチュリーランはもともと100マイル(160km)を8時間以内で走破するライドのことを指し、ホノルルセンチュリーランが元となってるらしい。

だからそんな甘ったれたこと言ってられないですね…。

 

それでもなんとか規定時間、17時に無事ゴール。ゴール前では地元の方たちが応援の声をかけてくれました。ありがとうございます。

 

完走賞。宿まで10km弱あったので、結局この日の総距離は194kmでした。

 

こっちはゼッケン。各市町村でシールをもらわないと完走したことにならないって仕組みです。

にしてもとか金武(きん)とか読めんわ!!

参加した人はお疲れ様でした。

センチュリーランはみんなでワイワイ走れて楽しいけど、やっぱり時間には注意ですね(猛省)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました