Uber eatsをやってみる

Uber eats

こんにちは

みなさんは「Uber eats」というサービスをご存知ですか?

「Uber eats」とは近年日本の都市圏を中心に広がっているデリバリーフードで、Uber eatsに対応しているお店であれば、家を出ずとも玄関まで届けてくれるというサービスです。

最近日本でも広がりを見せており、都内で意識して周りを見れば、妙にでかいバックを持ったUber配達員を見つけられると思います。

 

今回はそんな「Uber eats」の配達員のバイトを始めることにしたので、その流れを紹介したいと思います。

Uber eatsのいいところ

配達のバイトといえばピザ屋の配達をイメージするかもしれませんが、「Uber eats」は少し変わっています。

それは誰でもUber eatsの配達員として登録して、好きな時間に好きなだけ働けるという点です。

完全出来高制のアルバイトとなっています。

乗り物も自転車でOK。僕のように街を走るのが好きな人にとっては嬉しい条件です。

 

ゲーム的要素?もあるUber eats

Uber eatsはただ配達バイトであるだけでなく、ちょっとしたゲーム的要素が盛り込まれています。

それは「クエスト」や「ブースト」といったインセンティブと呼ばれるものです。

「クエスト」は例えば、○時から○時の間に○回配達したら+400円みたいなもので、「ブースト」とは指定された地域で配達を行うと報酬が例えば1.3倍になるというものです。

プロUber配達員はこういったインセンティブをうまく活用して稼ぎをあげているようです。

がんばると1日20000円くらいになるとかならないとか??

他にも「この地域は注文が多い」とか戦略があるようで、ネット上では様々な人が地域ごとのレビューをしてくれています。

こういったゲーム要素があるのはおもしろそう。

 

Uber eats登録するぞ

やると言った心の中で思ったなら!!その時すでに行動は終わっているんだ!!!

ということでUber登録です。

Uber eatsの登録はまずUberのサイトでパートナー登録するところから始まります。

プロフィールや銀行を設定すると、完了です。

ここで注意なのが、Uberは外資系企業なので給料振込は海外銀行からとなっており、振込先銀行にゆうちょやネット銀行は使えないという点です。ぼくは三菱東京UFJで登録しました。

 

 

登録完了するとメールがきます。

このあと本登録をするために最寄りのパートナーセンターに出向く必要があります。都内であれば、新宿・恵比寿・秋葉原にあります。

パートナーセンターで30分程度の説明を聞き、本登録を完了させると配達ができるようになります!ここで配達用のデカバックをもらうことができます。

 本登録が終わるとアカウントを有効化してもらえ、配達ができる状態に。

この配達用デカバックですが、4週間に渡り2000円ずつ収入から差し引かれ、計8000円分引かれることになります。ただし退会するときバックを返却すれば8000円ちゃんと返ってくるようです。

はじめてのはいたつ

平日の昼間に試しに稼働しました。

 

入念に下調べし、依頼が多そうな恵比寿方面に向かおうとオンラインにしたら、すぐに

「ピコーン!」

駒沢公園の方から初依頼が!

結構近いので受諾します。

すると店の住所が出てきます。初依頼先はマクドナルドでした。

 

普段、自転車旅をしている甲斐あって地図を一回見れば大体ルートを覚えられます。

自転車やっててよかった…。

 

店に着きました。店員さんも慣れているようですぐに対応してくれます。

アプリの番号を見せて、料理をもらったらデカバックにいれます。

このデカバックだと中で料理が動いてしまうので仕切り板やタオルなどを駆使する必要がありそうです。

 

アプリで料理を受け取ったボタンを押すと、今度は配達先の住所が表示されます。

このときは1.3kmくらいでした。近!!

ここでも地図読みの力が試されます。

土地勘があるところでやるとかなり捗りそうだなと感じました。

 

ついたらピンポン押して「Uber eatです!」と元気良くいいます。(初で緊張して多分声出てなかった)

商品渡したら無事完了です。接客時間は5秒くらいでした。

びっくりするほどあっけないです。

 

初配達はこんな感じでした。

最初は緊張していましたが、やってしまえばなんてことはなかったです。

 

ということで2日くらい空き時間にやって6配達の3641円

飲み会一回分くらい?

最初は

デカバック背負ってるの恥ずかしいなー」

とか思ってましたが、配達してる同業者が多くて途中から気にならなくなりました。

 

 

Uberはこんな人にオススメ

・自転車で街を散策するのが好きな人

これはいわずもがなですね。僕は特に普段自転車に乗るのが好きなので、あってるかも?

いくら地元であっても普段入らないようなお店、路地に入ることになるので新たな発見があるとおもうと楽しみです。

・地図読むのが得意な人

Uberアプリはよくできていて、案内をしてくれます。

ただ都内はやはり複雑。

人によっては迷ってしまう人がいると思います。

地図を読むのが得意な方が効率よく配達できると思います。

・接客はあまりしたくない人

数回配達をやってわかりましたが、このバイトはほとんどしゃべる必要がありません。

喋るのはお店の人に番号伝える時と、依頼主に渡す時の合計10秒くらいです笑

 

・時間にとらわれず稼ぎたい人

普通のバイトのようにシフトがあるわけではなく、入りたいとき入りたいだけ入ることができます。都内に住んでいて大学生には結構向いてるんじゃないかな?と思います。

 

 

さいごに

まだ初心者なのでまだまだこれからです。何か感じたことがあれば書き足していきます。

ところで今は「友達紹介し、その友達が90日以内に50回配達すると自分に6万円も入る」というキャンペーンが行われています。僕も友達に紹介してもらったのでがんばってノルマ達成すれば3万円もらえることになります。

いつ終わるかわからないのでがんばっていきたいと思います!

それでは〜

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました